電力系統利用ルールおよび当社系統情報等の公表

電源に関する情報の開示

経済産業省資源エネルギー庁が策定した「系統情報の公表の考え方」に基づき、電源に関する情報を開示しております。開示を希望される方においては以下のお手続きを実施いただきます。
なお、「系統情報の公表の考え方」は経済産業省資源エネルギー庁のホームページをご覧ください。
経済産業省資源エネルギー庁「関係法令・ガイドライン等」

開示請求をおこなうための留意点

開示請求にあたっては、以下の点にご留意のうえ、お申し込み願います。

  • 開示請求には、電源情報開示申込書のご提出が必要です。
  • 開示請求は、以下の系統連系希望者または既連系の発電設備設置者(低圧かつ容量10kW未満を除く)が実施できます。
    • 接続検討申込済みの系統連系希望者
    • 事業の蓋然性が高まったと判断できる資料(注)をご提出いただいた低圧(容量10kW以上)の系統連系希望者

      (注)電力広域的運営推進機関が定める「接続検討申込書(高圧)」の様式3~様式5の8。ただし、様式3および4については仕様書など設備の仕様・出力・台数が分かる書類及びJET等の認証があるPCSを設置する場合は認証証明書の写しの提出により代替することができる。

  • 開示請求は、運転開始前に1回、運転開始後に毎年度1回実施できます。
  • お申込み後に、秘密保持契約を締結していただきます。
  • 1申込みにあたり1万円(税別)の開示手数料が必要です。
  • 開示する情報は情報更新日(毎年7月)の前年度分を電子データで送付します。
開示手続きのイメージ画像

お申込方法

以下の申込書へ必要事項をご入力のうえ、申込書に記載の必要な添付書類と併せて、申込書類一式を当社窓口へメールにて送信してください。

当社窓口

  • 接続検討申込済みの系統連系希望者:添付される接続検討申込書(写)の本書を提出された当社窓口
  • 低圧(容量10kW以上)の系統連系希望者および既連系発電設備設置者:連系電圧および設置地域などに応じた以下の当社窓口

申込書を受領後に秘密保持契約などについてご案内させていただき、秘密保持契約の締結および開示手数料のご入金などのお手続きが完了次第、電源に関する情報を開示いたします。

電源情報の第三者への開示

出力抑制シミュレーションをおこなうこと、およびそのシミュレーション結果を用いた事業性判断をおこなうことのみを目的として、第三者に電源情報を開示する場合は、秘密保持契約に則り、以下の申込書類へ必要事項を入力のうえ、必要な添付書類と併せて開示申込書を提出された当社窓口の専用メールアドレスへメールにて送信してください。

開示手続きに関するお問い合わせ先

電源に関する情報提供

系統連系済みの発電設備を設置されている発電事業者の皆さまには、毎年2月頃を目途に、当社から電源に関する情報提供のお願いについてご連絡差し上げます。具体的な手続きは当社から個別にご案内します。

電源情報の開示請求者に関わる情報の開示

ご提供された電源に関する情報が漏洩していることまたは漏洩している虞があることを確認した場合は、開示請求者に関わる情報の開示をお申し込みいただけます。

開示要請に基づき、当社が開示する開示請求者に関わる情報は以下となります。

  • 当社から電源情報を開示した開示請求者の氏名
  • 開示請求者に開示した電源情報の年度

電源情報開示における秘密保持契約に関するお問い合わせ先

中部電力パワーグリッド株式会社 ネットワークサービスセンター

〒461-8680 名古屋市東区東新町1番地
Tel:0570-03-5600
Fax:052-973-2383
受付時間:9時~12時および13時~17時
(年末年始(12月29日~1月3日)、土曜日、日曜日、「国民の祝日に関する法律」に規定する休日は除く)

電源に関する情報の開示制度に関するお問い合わせ先

制度の詳細などについては、経済産業省資源エネルギー庁へお問い合わせください。
経済産業省資源エネルギー庁のホームページ

ページトップへ