災害時の注意点

地震のときは

地震が発生すると、液状化や道路のひずみ、建物崩壊により、電柱が倒れたり、電線が断線する場合がございます。

【テレビCMのご紹介】

地震発生時の対処方法ついてCMでご紹介します。

地震のときはのイラスト

地震が発生したら

  • 家電製品のプラグを抜きましょう
    火事のキケンがあるため、コンセントから家電製品のプラグを抜いてください。
  • 水に濡れた家電製品は使用しないでください
    屋内配線や家電製品が水に濡れると、漏電している恐れがあり、キケンのため、使わないでください。

家の外に避難するときは

  • ブレーカーをOFFにしましょう
    停電復旧時、電気の消し忘れによる災害を防ぐため、分電盤のブレーカーを切ってください。
  • 切れた電線には絶対に近づかないでください
    感電する恐れがあるため、切れて垂れ下がった電線には触れないでください。
    電線に木やアンテナ、ビニールハウス、看板などの飛来物が触れていたり、電柱が傾いているのを見つけたら、中部電力までご連絡ください。
  • 灯火していない信号にご注意を
    停電により、電気が点いていない信号がある交差点は、安全に注意してお渡りください。
  • エレベーターは使用しないでください
    災害時は、エレベーターに閉じ込められる可能性があるので、乗らないようにしましょう。

ページトップへ