お知らせ

発電側課金の導入に伴う割引変電所および割引区分の公表について

2024年4月より導入を予定しております、系統連系受電サービス料金(以下、「発電側課金」)において、需要地近郊など、送配電網の追加増強コストが小さい地域に新規電源を建設した場合などに、託送料金を軽減する割引制度(系統設備効率化割引)を設定することとしております。

【各割引変電所一覧】

当社管内の変電所の位置については、以下の系統空容量マッピングをご確認ください。

また、各発電者さまの接続する変電所および実際に適用される割引区分につきましては、各発電者さまに対して個別に通知させていただきますので、通知後ご確認いただきますようお願いいたします。

(注)発電側課金の割引制度における割引変電所については、国の審議会の整理に基づき、当該変電所のエリアに電源が設置された場合の送配電設備費用削減効果などをもとに判定しており、系統空き容量マッピングにおける変電所の空き容量との関係性が一致しない可能性がございますので、ご留意ください。

(注)なお、当該ページに掲載されている情報につきましては2024年4月1日以降以下のページに移行いたしますので、2024年4月1日以降は以下のページよりご確認いただきますようお願いいたします。
系統設備効率化割引について

ページトップへ