スマート子メーター(子メーター自動検針サービス)のご利用について

サービスの概要・利用料金

サービスの概要と利用料金について、ご案内いたします。

サービスの概要・利用料金

中部電力パワーグリッドの所有するスマートメーターとスマートメーターシステムを利用し、子メーター(注1)の自動検針を実施します。

提供エリア 国内全域(通信環境等により提供できない場合があります)
サービス内容 自動検針サービス(クラウド上に30分単位の検針データを蓄積・見える化、データダウンロード)
Bルート通信によるHEMS等(注2)へのデータ提供
スマートメーター保守(検定有効期間の管理・取替工事、検定手続き、不具合対応)
サービス提供者 中部電力グループの中部精機株式会社により、ワンストップでサービス提供いたします。
利用料金 月額サービス料:数百円程度/台~(注3)
(使用するスマートメーターの種類・台数等に応じ個別にご相談させていただきます)

(注1)子メーターとは、一般送配電事業者が系統電源との需給地点に設置する親メーターとは別に、施設の所有者等が設置・管理するメーターで、個々の需要地点または発電地点に設置し、電気使用量を計量するためのものをいいます。一般に、施設の所有者等が一括で支払った電気料金を入居者やテナントに配分するために設置されます。

(注2)HEMS(Home Energy Management System)とは、IT技術を使って宅内機器(太陽光発電、エアコン、エコキュート、照明機器、電気自動車、蓄電池、燃料電池等)をネットワークでつなげ、エネルギーを管理(見える化)・制御するための装置のことをいいます。なお、管理対象により、HEMS(家庭)、BEMS(ビル)、FEMS(工場)等の名前がそれぞれ付けられています。また、スマートメーターとHEMS等の間を接続する通信ルートのことを、Bルートといいます。

(注3)月額サービス料に、初回契約時のスマートメーター設置工事費は含みません(お客さま側で、施工手配いただくことも可能です)

サービス提供のイメージ

サービス提供のイメージ

見える化・データダウンロードのイメージ

見える化・データダウンロードのイメージ

サービスの特徴

より低価格、1台からでも利用可能

  • 当社のスケールメリットを活かし、スマートメーターを安価に提供することができます。
  • 当社システムの利用により、集約装置等の設置が不要となるため、1台からでもご利用になれます。

通信品質・データセキュリティともに万全

  • 電気事業で用いるスマートメーターと同一の通信方式・ルートを使用しているため、高い通信品質を維持しています。
  • 当社システムは、スマートメーターシステムセキュリティガイドラインに準拠しており、セキュリティ環境は万全です。

安心のトータルサービス

  • 計量法に定める検定有効期間の管理と取替工事をサービスに含め提供します。
  • 万が一の不具合発生時にも、責任を持って対応いたします。

リーフレット

ページトップへ